法人設立の登記を全部自分で行う

法人設立、橘玲先生の本を読んだこともあり、どうせならと全部自分で行っています。

しかしまあ面倒くさいこと。

 

①定款のひな型をネットでDLして、作成

②法務局にTELの上、メールで定款の内容を確認依頼

(めちゃ迅速で親切でした!)

③定款に電子署名するためのアクロバットPROをDL、インストール

④Signed PDFというプラグインをアクロバットプラグイン

⑤個人のハンコの印影をWEBハンコでJPG生成、JPGtoPDFで印影PDF作成

⑥印影PDFをSigned PDFに登録

ソニーのICリーダーを中古2000円でAmazonで購入

マイナンバーカードを取得して電子証明書を付与しておく(これはもともとやっていた、やっていなかったら数か月かかったかも!)

⑨OK貰った定款をPDFにして、電子定款PDF作成完了

⑩登記ネット(申請用総合ソフト)をDLし、法人設立と電子定款に署名し、申請完了

↑今ここ

 

⑨まではスムーズだったんですが、⑩でだいぶ時間食ったー

最後に電子署名かまそうとすると、ICリーダの初期化に失敗しましたと出て進まず。

結局は、ツール → オプション → ICカード切替

で登録をかければOKでした。

いやいや4時間くらい⑩でロスしたと思います。

 

たぶんこの申請で突き返される可能性あるんだけど、とりあえずひと山越えてほっとしています。

 

時間かかるんだけど、4万円浮くし、司法書士への手数料2-3万円浮くし、登録免許税の軽減と合わせて15万円くらい節約できるので、ありなのではと思っています。

その15万円はほかに投資します!

地方築古戸建なら3か月分の家賃!!と思うようにしておりますww

市区町村の創業セミナーで商品づくりのアドバイスを貰う

住んでいる市区の創業補助を得られるようになりました!

これで法人登録免許税が安くなります。

これまで、セミナーで事業計画について中小企業診断士の方から無料で色々アドバイスを受けてました。

これは地味に非常に参考になりました。

特に、

『あなたがこれまで行ってきた経験から、自分の強みを全て抜き出してごらん』

『それらの強みが、これからやろうと思っていることにどのように活かしていけるか、考えてごらん』

これによって、不動産経営だけではなく、経営コンサルやソフトウェア開発にもかなりチャンスがあることに自分で気づきました。

現在の勤め人生活においても、コンサルやソフトウェア開発については経験も知見もあり、付き合いのあるコンサルのコネを利用して、色々チャンスがありそうです。

むしろ、不動産経営よりワクワクしています。

コンサルだとどうしても時間の切り売り的な側面があるので、なるべくソフトウェア販売に結びつけていく方針です。

屋号も決まり、資本金の額も決まり、あとはハンコ注文して申し込む!

定款も自作し、最小の費用で法人設立する予定です。

 

やっぱり、やったことが無いことをやるのって、アドレナリンでますねw

脳内麻薬で非常に健康的にトリップできますw

サウザーさんのセミナーに行ってきた

先日、以下のセミナーに行ってまいりました。

 サウザーさんがサラリーマンの損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)とはどのようなものか、そこからどのように資本を蓄積していったのか、ご自身の具体例を数字入りで紹介して下さりました。

まさにこれから資本を増やしていこうと活動している自分にとって、ドンピシャの内容でした。

また、足立先生のアフィリエイトの説明も、全く知らない世界を垣間見れて、こちらもひっじょーに参考になりました。自分のいる業界は激変が必須の伝統的な工業製品なので、今後は本業にも採り入れたいアプローチがありました。

色々気づきがあったのですが、自分としての一番は

・不動産が、BSの左側に”固定資産”として載り、融資受けた場合は右側に”借入金”として載り、産みだす家賃がPLのPになる、という循環する図を納得できたこと、です。

しっかりと家賃を産む資産は、まさに金のタマゴですね。

他には

・PLで純利益を確保することのこだわり(←なんとなくの貯金ではなく、資本が増えると思って、出来るだけシビアに積み上げること)

・返済比率や負債比率の感覚(←BSを図示することで)

 

遅ればせながらではあるけれども、今のタイミングでこれを吸収できてよかった。

ちなみに参加者のメインは20代後半に見受けられました。

サウザーさんメインの集まりかと勝手に思っていましたが、アフィリエイトやっている人も多く、足立先生目当ても半数はいたのではないかな。

動いてみてよかったな。

開業に向けて、市区町村の創業支援を得ることに

物件問い合わせ、お勉強をしながら、個人事業主か、株式会社か、合同会社で迷っていました。

特に株式会社設立費用の30万円くらいが馬鹿にできないなーと。

小規模不動産の年間家賃収入くらい持ってかれるのつらいから、まずは個人かなーと。

 

読んでた本はこれ。 

アパート・マンション経営は株式会社ではじめなさい

アパート・マンション経営は株式会社ではじめなさい

 

良著。あとで読み返すと思う。

具体的な会社設立のステップや費用、消費税の扱いなど書かれていて、大変分かり易い内容でした。

 

 

しかし、住んでいる区に実は創業支援があって、対象となれば設立費用に補助が出る!と知り、すぐに電話して相談に行ってきました。

結果、セミナーを複数回受ければ、登録免許税が半額となることに。

また、自分がやろうとしている事業が融資対象となり得ることも分かった。

 

というわけで会社設立は確定、あとは株式会社か合同会社かを決めるのみ。

個人的には全然合同会社で問題ないんだけど、やっぱり資金調達や営業する時に有利になりそうだから、株式会社ですかね。

 

隣で相談していた人は、似たような年のお兄ちゃんで、コーヒー豆の仕入れと焙煎して販売、カフェ経営で相談に来ていた。ぜひ頑張ってくれい。

 

自分の商品づくりの方向性も、初めて他人に話してみて、実感がわいてきた。

 ①業務コンサルティング: 現職の延長、実家の手伝い

 ②WEBサービス: アプリ開発、①との組み合わせおよび新規事業

 ③不動産経営・宿泊: 安定的な収入の確保、勤め人の自分にとっては新事業w

どれも自分にとってのチャレンジでめちゃおもろい。

 

ホリエモンが『好きなことやればいいんじゃないの?』言っていたけど、本当にその通りで、好きなことやっていくの楽しい。

r25.jp

今日も相談しに行ったら、次に行うべきこととか、具体的に見えてくるしね!

自分の生まれて育った区に、今たまたま戻ってきていて、その区に対して創業支援を受けられるなんて、ちょっと嬉しいですな。

初めての物件巡りMEMO

今週末に初めての物件内覧を3件行ってきた。

やはり、実際に見ることや、不動産屋さんから直接様々なことが聞けて凄く参考になった。指値入れたい1件も見つかった。

 

1軒目.都内中古戸建、築50年、再建築不可、600万、利回り10数%

仮説=そこそこ長く使えそうな物件であれば、リフォーム&指値で高利回り運用できるかも

結論=見送り、指値もせず

理由:

・水回りのリフォームなどあわせて200万必要

・他も古いところ多く、シェアハウス的にも使いづらい

・やはり駅から遠すぎる

・リフォーム投資必要なので、築年数も気になる

MEMO: 

・再建築でも床面積キープして、柱一本残せばリフォームと称して新しい家を建てることは不可能ではない

・三井住友L&Fのみ資金調達可能

自分が前に住んでいた古民家に比べればまだ良い部分もあるが、やはりプロに任せなければいけないリフォームには気が引けた。転進!

 

2軒目.都内中古木造アパート、築45年、再建築不可、2500万、利回り8%

仮説=基本は1軒目と同様、家賃低めで貸せればよいかな

結論=同、見送り、指値もせず

理由:

・外観は塗りなおしてきれいだが、2階で少しゆすっただけで全体に影響あり、柔い

・既存の入居者が喫煙者、シェアハウス的なアパートなので個人的に気になる

・風通りは良いのだが、家が密集していて雰囲気が暗い

MEMO:

・家から近いので何かと良いかもという仮説で調べていたが、利回りを追求するならうちの近くの都内は厳しいかな

 

そして先ほどもう1軒見に行ってきた埼玉のアパートが良さげだったので、指値することにした。

結果が出たらまたMEMOることにする。

とりあえず、会社設立しておいた方がよさそうなので今週は作ることにフォーカスする。

 

やはり、現場で見ていくと沢山学びが沢山ある。

諸先輩方か9か月なり100件なり検討されたうえで良い物件に巡り合っているとのことなので、自分も気長に行きたい。

埼玉の物件には思い切った指値をする予定、まあダメならば次に行けばよいということで。

商品づくりの方向性、読書メモ

今はとにかく不動産投資や商品づくりのインプット増やそうと、本を読んでいる

 

きっかけはサウザーさんがブログで紹介していたこれ↓

ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営―入居率95%を誇る非常識なノウハウ
 

 なるべく現金で地方で高利回り、鬼の指値w、自分でリフォームや管理するというスタイルを知る。まさに目から鱗。都内だと利回り5%とかですもん。 

ただし、複業の予定なので、セルフリフォームとセルフ管理は都内でないと厳しく、さてどうしよう 、となる

その後、以下で、資金調達は全然ありだなという理解を得る。

元ギャル女子高生、資産7000万円のOL大家さんになる! ~資金70万円&融資活用で、22歳のギャルが大家さんになれた方法~

元ギャル女子高生、資産7000万円のOL大家さんになる! ~資金70万円&融資活用で、22歳のギャルが大家さんになれた方法~

 

 失礼ですが自分よりはるかに低属性のともこさんが、ノンバンクから借りて運営されていて感銘を受けた。

 そして先週末にブックオフで大量仕入

ハウスメーカーが書いた本なので、ポジショントークではあるものの、なぜ戸建て、しかも木造なのかという論点がすっきりとまとめてあって、参考になった 

・もともと戸建て指向は高いのに、供給は相対的に少ない

・木造だと解体費用は安い

・自助努力で家賃に影響を与えやすい、区分より

・入居期間が長い傾向

 

次はこちら

DIY賃貸 セルフリフォーム&リノベでファン・ファン・ファン

DIY賃貸 セルフリフォーム&リノベでファン・ファン・ファン

 

  DIYの知識が全くなく、苦手意識があるので購入、こちらも建物の評価方法のヒントが沢山で参考になった。樹脂サイディングはぜひ使いたい。前職とのからみで、他の商品づくりもやりたくなった。

ついでにエアコンやリフォームの短期アルバイトしようと申し込むが、週末のみだとダメのようで断られる。セルフリフォーム方向に進むなら、なんとかやる。

 

仕入、資金調達、DIY、出口戦略と読んできて、集客のノウハウも勉強するためにこちら

たった18日で次の入居者が決まる! 満室革命プログラム

たった18日で次の入居者が決まる! 満室革命プログラム

 

内容が非常に実践的で、空き室がある時には何度も読み込んでアクションプランを策定できそうな良本なのではと思います。アクションをすごく意識したチャートや実際に使えるチェックシートを巻末に備えていて、非常に仕事の仕方に共感を覚えた。いいね。 

 

並行して、マイクロ起業、税務知識を得るための書物を読む。

 こちらも併せて読み終わる 

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

 

そして現在はこれを読んでいる

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する (講談社+α文庫)
 

これらは、読みながら、以下のことをグルグル考えていた

・まずは個人事業主で、住宅ローンかアパートローンで始める

・いきなり会社設立し、市区町村からの創業支援を活用する

・これらを同時に行う

今は本だけの知識なので、どうしても直近で読んだビジネスモデルに強く影響を受けて『いいな!』って思ってしまう。

 

まずは楽待に登録して14件に資料請求。

今週末に出来るだけ回ってみて、更に検討すべき資料や物件を見るポイントについて経験を深めます。

英語話せて、興味もあるので、低価格のシェアアパートを仕込めたらいいな、っていうのが現在の傾向w

 

あと、将来的に使う屋号も昨夜偶然決められた。いい名前決められたと思う!

会社設立と商品づくり

ここ3年間、離婚までのストレスを発散するために、女性と旅行ばかりにお金と時間を使っていた。でも、一通り遊び、本業のサラリーマンでも充実してきたところで、ちょっと違和感が出てきた。

そんな時、サウザーブログで紹介されていた本を読んだ。

http:// http://amzn.asia/ipDyW4b

著者がどのようにビジネスモデルを作ったのか、非常に分かり易く参考になる本だった。ただ、サウザーさんがやったように、自分が同じようなモデルを作るか、というと、その気には完全にはなれなかった。面白そうではあったし、小資本から始められるのは魅力的だけど。

そこでモヤモヤしていたけれど、サウザーラジオを聞き始めて完全に腑に落ちた。

『勤め人を卒業するにはビジネスモデル構築=商品づくりが必要』

『ビジネスモデル自体は本屋で1000円で売っている』

そこから、商品づくりに興味をもって、色々アイディアをメモして検討している。

今のところ考えているのは、

 ・不動産

 ・アプリ

 ・サプリ

あとは具体的にインプットを増やして、アウトプットするだけ。

だけど、なんか色々あり過ぎてどう踏ん切りをつけてよいのかわからないw

そこで、ブログに思ったことの記録を書きながら、見返していくスタイルが良いかな、と思って書いている。

 

大まかなやること

・アプリの外注費見積もり取得、内製化の可能性検討

・アプリのテストマーケット

・不動産投資のインプット、自分に合ったビジネスモデルの検討

・会社設立

 

初めて書いたnoteも有難いことに売れてきたし、凄く勇気づけられた。

やりたいことやるぞー!